外国人技能実習生共同受入れ事業

/

外国人技能実習生共同受入れ制度とは

開発途上国等には、経済発展・産業振興の担い手となる人材の育成を行うために、先進国の進んだ技能・技術・知識(以下「技能等」という。)を修得させようとするニーズがあります。我が国では、このニーズに応えるため、諸外国の青壮年労働者を一定期間産業界に受け入れて、産業上の技能等を修得してもらう「外国人技能実習制度」という制度があります。

技能実習制度は、外国人技能実習生がわが国に滞在できる期間は最長3年間です。技能実習生が在日期間中、受入れ企業と雇用関係の下で日本の産業・職業上の技能等の修得・習熟をします。外国人技能実数生の受入れの方式は、企業単独型と団体監理型に大別されます。  団体監理型の場合、技能実習生は入国後に講習(日本語教育、技能実習生の法的保護に必要な講義など)を受けた後、実習実施機関との雇用関係の下で、実践的な技能等の修得を図ります。技能実習期間は、最長3年間です。

技能実習生へ技能等の移転を図り、その国の経済発展を担う人材育成を目的としたもので、我が国の国際協力・国際貢献の一環として、次の役割を立てることは最大の目的です。

  1. 技能実習生は、修得技能と帰国後の能力発揮により、自身の職業生活の向上や産業・企業の発展に貢献
  2. 技能実習生は、母国において、修得した能力やノウハウを発揮し、品質管理、労働慣行、コスト意識等、事業活動の改善や生産向上に貢献
  3. 我が国の実習実施機関等にとって、外国企業との関係強化、経営の国際化、社内の活性化、生産に貢献

(注)企業単独型の場合も、講習の実施が必要ですが、実施時期については異なります。

受入の仕組み

外国人技能実習生受入制度は日本政府による公的制度です。
制度の実施にあたり、日本国内において、国土交通省、厚生労働省、経済産業省、法務省、外務省五省によって構成される財団法人国際研修協力機構(通称JITCO)が送出し国政府窓口と定期協議(R/D:Record of Discussions)をし、制度を実施されています。
下記のイメージ図のとおり、監理団体である組合が送出し国の認定送出し機関と協定を結び、国際研修協力機構の助言・指導に基づき、実習実施機関(受入企業ともいう)に対し、制度を正しく理解し、そして活用していただくことを指導し、実習実施機関と共に外国人技能実習生を育成する仕組みです。

送出し国との締結

中国 フィリピン ベトナム インドネシア

監理団体である組合の責務

外国人技能実習生が日本に入国した日から、所定の技能実習1年コース又は技能実習3年コースの技能実習期間中、組合が監理指導において、全責任を負います。

  1. 技能実習生が入国して最初の1ヶ月の初期講習を実施。
  2. 技能実習生が在日期間中、在留資格に係るすべての申請書 類の作成と申請
  3. 定期的(少なくとも1ヶ月に1回)に技能実習実施機関に出 向き、実習実施状況の適正さに対する監査と指導
  4. 定期的に所在地の地方入国管理局に実習実施状況を報告
  5. 緊急時の対応(病気・怪我・トラブル)
  6. 技能実習生からの相談への対応

外国人技能実習生適用保険

外国人技能実習生総合保険の補償範囲は下記のイメージ図のとおり、治療費用の100%保障と治療費用の30%保障と2種類があります。
*保証期間・保険金額・保険料等については、当組合のホームページの「お問い合わせ・リンク」のいずれかの方法でお問い合わせくださいませ。担当者が対応致します。

社会保険・雇用保険

外国人技能実習生受入にあたり、受入可能の人数が監理団体(団体監理型)と企業単独型によって異なってきます。
団体監理型は技能実習生受入特例人数枠が適用されます。

団体監理型(技能実習生受入特例人数枠)

実習実施機関
被雇用保健者
台帳
3~50人
以下
51~100人
以下
101~200人
以下
201~300人
以下
301以上
実習生受入枠 3人 6人 9人 15人 常勤職員数
20分の1
期間 1年目 2年目 3年目 4年目 5年目 6年目 7年目 8年目 9年目
計(人) *3人 3人 3人 *帰国
計3人 *3人 3人 3人 *帰国
計6人 *3人 3人 3人 *帰国
計9人 *3人 3人 3人 *帰国
計9人 *3人 3人 3人 *帰国
計9人 *3人 3人 3人 *帰国
計9人 *3人 3人 3人
計9人 *3人 3人
計9人 *3人
計9人

技能実習2号移行対象職種

2013年4月18日現在

1、農業関係(2職種5作業)
職種名 作業名
耕種農業*  施設園芸
畑作・野菜
畜産農業*   養豚
養鶏
酪農
2、漁業関係(2職種9作業)
職種名 作業名
漁船漁業*        かつお一本釣り漁業
まぐろはえ縄漁業
いか釣り漁業
まき網漁業
底曳網漁業
流し網漁業
定置網漁業
かに・えびかご漁業作業
養殖業* ホタテガイ・マガキ養殖作業
3、建設関係(21職種31作業)
職種名 作業名
さく井  バーカッション式さく井工事作業
ロータリー式さく井工事作業
建築板金 ダクト板金作業
冷凍空気調和機器施工 冷凍空気調和機器施工作業
建具制作 木製建具手加工作業
建築大工 大工工事作業
型枠施工 型枠工事作業
鉄筋施工 鉄筋組立て作業
とび とび作業
石材施工  石材加工作業
石張り作業
タイル張り タイル張り作業
かわらぶき かわらぶき作業
左官 左官作業
配 管  建築配管作業
プラント配管作業
熱絶縁施工 保温保冷工事作業
内装仕上げ施工     プラスチック系床仕上げ工事作業
カーペット系床仕上げ工事作業
鋼製下地工事作業
ボード仕上げ工事作業
カーテン工事作業
サッシ施工 ビル用サッシ施工作業
防水施工 シーリング防水工事作業
コンクリート圧送施工 コンクリート圧送工事作業
ウェルポイント施工 ウェルポイント工事作業
表 装 壁装作業
建設機械施工*    押土・整地作業
積込み作業
掘削作業
締固め作業

<参考>ほかに建設に関係するものとして別掲の塗装職種に「建築塗装作業」と「鋼橋塗装作業」の2作業がある。

4、食品製造関係(7職種12作業)
職種名 作業名
缶詰巻締* 缶詰巻締
食鳥処理加工業* 食鳥処理加工作業
加熱性水産加工 節類製造
食品製造業*   加熱乾製品製造
調味加工品製造
くん製品製造
非加熱性水産加工 塩蔵品製造
食品製造業*  乾製品製造
発酵食品製造
水産練り製品製造 かまぼこ製品製造作業
ハム・ソーセージ・ベーコン製造 ハム・ソーセージ・ベーコン製造作業
パン製造 パン製造作業
5、繊維・衣服関係(11職種20作業)
職種名 作業名
紡績運転*    前紡工程作業
精紡工程作業
巻糸工程作業
合撚糸工程作業
織布運転*   準備工程作業
製織工程作業
仕上工程作業
染 色  糸浸染作業
織物・ニット浸染作業
ニット製品製造  靴下製造作業
丸編みニット製造作業
たて編ニット生地製造* たて編ニット生地製造作業
婦人子供服製造 婦人子供既製服製造作業
紳士服製造 紳士既製服製造作業
寝具製作 寝具製作作業
カーペット製造*   織じゅうたん製造作業
タフテッドカーペット製造作業
ニードルバンチカーペット製造作業
帆布製品製造 帆布製品製造作業
布はく縫製 ワイシャツ製造作業
6.機械・金属関係(15職種28作業)
職種名 作業名
鋳 造   鋳造鋳物鋳造作業
銅合金鋳物鋳造作業
軽合金鋳物鋳造作業
鍛 造  ハンマ型鍛造作業
プレス型鍛造作業
ダイカスト  ホットチャンバダイカスト作業
コールドチャンバダイカスト作業
機械加工  旋盤作業
フライス盤作業
金属プレス加工 金属プレス作業
鉄工 構造物鉄工作業
工場板金 機械板金作業
めっき  電気めっき作業
溶融亜鉛めっき作業
アルミニウム陽極酸化処理 陽極酸化処理作業
仕上げ   治工具仕上げ作業
金型仕上げ作業
機械組立仕上げ作業
機械検査 機械検査作業
機械保全 機械系保全作業
電子機器組立て 電子機器組立て作業
電気機器組立て     回転電機組立て作業
変圧器組立て作業
配電盤・制御盤組立て作業
開閉制御器具組立て作業
回転電機巻線製作作業
プリント配線板製造  プリント配線板設計作業
プリント配線板製造作業
7、その他(10職種22作業)
職種名 作業名
家具製作 家具手加工作業
印 刷 オフセット印刷作業
製 本 製本作業
プラスチック成形    圧縮成形作業
射出成形作業
インフレーション成形作業
ブロー成形作業
強化プラスチック成形 手積み積層成形作業
塗 装    建築塗装作業
金属塗装作業
鋼橋塗装作業
噴霧塗装作業
溶 接*  手溶接
半自動溶接
工業包装 工業包装作業
紙器・段ボール箱製造    印刷箱打抜き作業
印刷箱製箱作業
貼箱製造作業
段ボール箱製造作業
陶磁器工業製品製造*   機械ろくろ成形作業
圧力鋳込み成形作業
パッド印刷作業

注)*の職種はJITCO認定職種

外国人技能実習生受入れ条件

組合員であること:

  1. 組合共同事業に賛同し、組合に加入する手続きが必要です。
  2. 業種不問(一部の業種を除く)
  3. 地域不問(北海道・沖縄を除く)

法人であること:

  1. 従業員: 従業員4名以上
  2. 実 績: 1年間以上企業運営実績を有すること (外国人技能実習生受入実績は不問)
  3. 地域不問(北海道・沖縄を除く)

個人事業主であること:

  1. 従業員: 従業員4名以上
  2. 実 績: 1年間以上企業運営実績を有すること (外国人技能実習生受入実績は不問)

受入れの流れ

詳しくはお問い合わせ下さい。お問い合わせをする